前へ
次へ

教育を受けながらも結婚をする確率

教育を受ける者、勉強するだけの修習生は国家から給料が支給されます。ちなみに、国家公務員の課長待遇という意味です。しかし、講師や教師になりたい者が、予備校でアルバイトするのに比べると高くはないようです。教育の内容には、研修があります。各地に訪れることもあるでしょうが、意外に問題となるのは環境の変化により勉強が捗らないだけでなく、結婚や就職です。修習中にカップルになり、結婚する率も高いようです。男性のケースでは、国家公務員というブランド価値からモテ期に突入するようです。難易度の高い勉強に明け暮れ、遊ぶ暇さえなかったため、後の幸運とも言えそうです。女性は、教育と結婚、就職を一括りで考えなければなりません。それは男性社会がまだ根強いからで、裁判官や検察官を志望するにしても、転勤などの都合で結婚生活が成り立たないことさえ少なからず考えなければなりません。結婚を先にすれば、この点を配慮してくれて、夫婦は原則として同じ地方配属になるようです。

Page Top